ホーム > 肉筆 > 山水画 > 不染鉄 > 雪の村

不染鉄(不染鉄二) - 雪の村

画像をクリックすると大きく表示されます

  • 不染鉄 - 雪の村
  • 不染鉄 - 雪の村
  • 不染鉄 - 雪の村

作者 不染鉄(不染鉄二)
ふせんてつ
作品名 雪の村
詳細 40.7x32.3cm
絹本

■ネット掲載作品以外にも不染鉄の在庫ございます
メールか電話でお問い合わせ下さい
販売価格 お問い合わせ下さい

不染鉄

不染鉄[ふせん・てつ]1891-1967
明治24年6月6日、東京小石川に生まれる。本名哲治、のち哲爾。鉄二とも号す。父は光円寺住職。大正大学に 学び、大正3年再興された日本美術院の研究会生となり 山田敬中の指導を受ける。写生旅行に出かけた伊豆大島、 式根島に三年間滞在、漁師をして暮らす。7年京都市立 絵画専門学校に入学、古画の模写に励み、上村松篁と親交、特待生となる。8年第1回帝展に《夏と秋》で初入選、2年同校を首席で卒業(研究科に進級、修了する)、 同年の日本美術展に《海村》で銀牌を受賞する。1年第 6回帝展に代表作《山海図絵》で入選、以後奈良の南都正強中学校で図画教師をつとめ、さらに神奈川県大磯、 鶴見、東京江戸川に移住しつつ帝展に伊豆での生活を回想した作品などで入選を重ね、昭和5年大東南宗院第1 回展に《秋》を招待出品する。戦後は21年奈良の正強中学校の理事長、23年正強高等学校校長となり27年までつとめる。その後は画壇から離れて画作を続ける。昭和51年2月8日歿。享年84

20世紀物故日本画家事典より

関連する販売作品


関連するタグ