ホーム > 作者一覧 > 土屋光逸

土屋光逸


雪の堅田浮見堂 (東京国立近代美術館)

1870-1949(明治3年-昭和24年)
明治から昭和時代に活躍した新版画家、浮世絵師。

明治3年、静岡県浜松市で出生、本名は佐平。
明治17年上京し仏門に入った後、判子屋で働く。
明治19年、明治の三大浮世絵師の一人、小林清親の弟子となり木版画や石版画の技術をみにつける。
明治28年までには光逸の画号で木版作品を出版する。
明治33年、結婚し小林家を出るが以降も清親を支援する。
明治44年に妻が、翌年に清親の妻が、大正4年に清親が相次いで亡くなり、光逸も病気がちになり石版画家の道を諦める。
大正7年頃、再婚し二年後には長女を設けるが、同年再び妻を亡くす。
大正11年、高輪から茅ヶ崎に移り以降永住する、翌年関東体震災が発生。
昭和6年、小林清親翁十七回忌記念展覧会で版元より新版画を勧められ、翌年第3回現代創作木版画展覧会に祇園の夜桜、大阪城の月夜の2点の新版画を出品する。
以降しばらくは奈良猿沢の池、雪の堅田浮見堂(東京国立近代美術館蔵)など多数の版画作品を発表するが、戦争が激化してからは版画の需要が減り肖像画や家庭用の肉筆画等を描いた。
昭和24年没、享年79歳。

代表作品に明石の浜(東京国立近代美術館)、雪の堅田浮見堂(東京国立近代美術館)など


土屋光逸の取扱・販売作品

12 件