ホーム > 作者一覧 > 笠松紫浪

笠松紫浪


本郷赤門の雪

1898年-1991(明治31年-平成3年)
大正昭和期の日本画家、浮世絵師、版画家。
美人画の大家、鏑木清方の弟子、伊東深水や川瀬巴水の後輩にあたり、93歳で没するまで多くの新版画、日本画の作品を残した。

明治31年、東京浅草で生まれる、本名は四郎。
明治45年、東京市立精華高等小学校を卒業、鏑木清方の弟子となる。
大正4年、巽画会に初出品、翌年、清方の弟子が結成した第2回郷土会展におそれ、京の雨、蝙蝠を初出品。
昭和16年、第16回展に香と花、少女遊戯、山の湯などを出品。
大正5年頃から版画の制作を始め、大正8年、青嵐を初の新版画作品として発表。
昭和7年、第三回現代創作木版画展覧会に不忍池畔、茶の湯の2作品を出品。翌年、第14回帝展に出品した蕨を煮るが初入選となその後新文展に作品を出品し何度か入選する。
昭和15年以降、海洋美術展に出品した作品が3年連続で海軍大臣賞を受賞、第7回海洋美術展では雄魂護国を無鑑査で出品、第8回展には海軍省依嘱画として猛訓練を特別出品した。
同時期に第1回航空美術展、第1回大東亜美術展覧会などにも作品を出品している。
戦後は芸艸堂などから風景版画を多数発表、昭和30年以降は三鷹に住み自摺りの作品も残した。
平成3年没、享年93。

代表作品に青嵐(東京国立近代美術館)、おぼろ月(山梨県立美術館)、東京近郊八景の内 行徳今井橋ノ深秋(浜松市美術館)など


笠松紫浪の取扱・販売作品

8 件