ホーム > 作者一覧 > 川瀬巴水

川瀬巴水


馬込の月

川瀬巴水 かわせはすい
1883-1957(明治16年-昭和32年)
昭和初期の浮世絵師、新版画家

明治時代の著名な文豪、仮名垣魯文の甥にあたる。
浮世絵版画を復活させ吉田博とともに新たなジャンルの新版画を確立した。
新版画のパイオニアとして知られ、国内各地を旅し、そこでの写生を元にした作品を版画として多数発表した。日本の美しい風景を叙情的に表現し昭和の広重などと呼称される。アメリカ人の鑑定士、ロバート・ミューラー氏の紹介により作品が国外に広く知れ渡り、欧米での評価も高く北斎・広重と並び非常に人気がある。

明治16年、東京芝に生まれる、本名は文治郎。
明治30年、川端玉章門下の青柳墨川に師事する、その後荒木寛友にも弟子入りする。
明治31年、鏑木清方に弟子入りを希望するものの、年齢に難色を示され洋画家の道を進められる。
その後、白馬会葵橋洋画研究所に入り岡田三郎助から洋画を学ぶが合わず、再び清方に弟子入りを志願し明治43年には巴水の画号を与えられる。
大正7年、同門の伊東深水の版画作品、近江八景に影響を受け塩原おかね路、塩原畑下りを発表、新版画家になる。
大正12年、関東大震災で多くの作品を失う。
大正15年、日本風景選集を発表、その後も多くの作品をする。
昭和14年、朝鮮へ旅行しその後朝鮮八景を発表。
戦後は東京都大田区に引っ越し昭和27年には増上寺の雪が無形文化財技術保存記録作品に認定された。
昭和32年、胃癌により死去、享年74歳。

代表作品に東京十二題(江戸東京博物館)、雪の増上寺(江戸東京博物館)など。


川瀬巴水の取扱・販売作品

41 件中 1 ページ目


1 2 次へ