ホーム > タグ一覧 > 琳派

琳派


重要文化財 尾形光琳 太公望図(京都国立博物館)

琳派とは江戸初期の本阿弥光悦、俵屋宗達に始まり、江戸中期の元禄時代に尾形光琳、尾形乾山がそれらの作品を模倣、江戸後期の文化文政時代には姫路藩主の弟、酒井抱一とその弟子がそれらを継承した画家、芸術家の流派である。
土佐派や狩野派などの多くの流派が子孫や師弟関係によって構築されているのに対し、琳派はそのような直接の繋がりが光琳及び抱一世代で存在しないという点で他の流派と大きく異なる。
琳派の作品が海外に与えた影響も大きく、クリムトなどの著名な芸術家の作品にもその傾向がみられるとされる。

代表作品に国宝 俵屋宗達 風神雷神図(建仁寺)、尾形光琳 紅白梅図(MOA美術館)、重要文化財 酒井抱一 夏秋草図屏風(東京国立博物館)など


琳派関連の取扱・販売作品

3 件