ホーム > タグ一覧 > 歌川広重 (2代目)

歌川広重 (2代目)


諸国名所百景 相州七里か浜

1826年-1869年(文政9年-明治2年)
初代歌川広重の門人で幕末に活躍した浮世絵師。画号は喜斎、立祥、一幽斎、一立斎、立斎など。
初代広重の名所江戸百景に参加、後に初代広重のあとを継ぎ、二代広重を襲名、多数の作品を残した。

弘化のころ初代広重に入門し、重宣と名乗る。
安政5年、初代が没し、翌年初代広重の娘と結婚、二代目広重となる。
慶応元年、離婚し以降は森田姓を名乗った。
明治2年没、享年44歳。

代表作品に名所江戸百景、諸国名所百景、末広五十三次(浜松市美術館)、遊君図(ニューオータニ美術館)、夜桜図(出光美術館)、日光の滝図(熊本県立美術館)、待乳山雪景図(城西大学水田美術館)など


歌川広重 (2代目)関連の取扱・販売作品

22 件