ホーム > タグ一覧 > 月岡芳年

月岡芳年


奥州安達がはらひとつ家の図 (ボストン美術館)

1839-1892(天保10年-明治25年)
幕末、明治初期の浮世絵師。
歌川国芳に師事、河鍋暁斎、落合芳幾は同じ国芳門の兄弟弟子にあたる。
画号は一魁斎芳年、魁斎、玉桜楼、咀華亭、子英、大蘇芳年など。
歴史画から美人画までと幅広いジャンルに渡る作品を描き最後の浮世絵師と呼ばれる一方「奥州安達がはらひとつ家の図」に代表される凄惨な作品も残したため、血まみれ芳年と呼ばれた。
昭和に入り人気が落ちていたが近年その画業が再評価されるようになった。

天保10年江戸新橋に生まれる。のちに月岡雪斎の養子となり、嘉永3年12歳のとき歌川国芳の弟子となる。
嘉永6年、最初の挿絵、画本実語教童子教余師を吉岡芳年の名で発表、その後、文治元年平家一門海中落入図を一魁斎芳年の号で発表する。
慶応元年月岡姓を継承、中橋に居住する。
明治3年から明治6年頃までうつ病になり作品が少なくなるが、その後は立ち直りて号を大蘇芳年に改める。
明治18年、奥州安達が原ひとつ家の図などが人気を博し、明治浮世絵界のトップとなる。
明治24年、再びうつ病などで体調を崩し、翌年には病状が悪化、巣鴨病院に入院するものの回復せず同年6月9日、脳充血により息を引き取った(享年54)。

代表作品に深夜の訪問図(浮世絵太田記念美術館)、猿田彦図(千葉市美術館)、頼朝石橋山合戦受難之図(ボストン美術館)など


月岡芳年関連の取扱・販売作品

21 件